◆自由人T氏のありえない決断 その2

ある日、奇しくも創業メンバー四人が、T氏邸に招かれた。
一行の手には、新築祝のDVDデッキと子供たちへの31アイスクリーム全31種類。
インターホンを押すと子供たちの元気な声。リビングに入り、早速お祝いを渡す。
DVDデッキとわかるや否や子供たちは歓声を上げた。しかも大歓声。
「DVD♪DVD♪DVD♪」と大喜びの子供たちに、パパT氏は「そんなに欲しかったんや…」とポツリ。
自分がDVDを見ないT氏は、家族の要望を一切無視してきたのだった。

奥様の用意してくださった食べきれないほどの量のお料理と、おいしいお酒で、時が経った。
そして、DVDデッキとテレビを繋いで試写。
すると画面にはT氏 が…。奥様と子供たちへのメッセージが流れ始めた、慣れない奥様は照れくさそうにされていた。
映像が終了するとT氏から奥様へ花束が。数日前に誕生日だった奥様へ心を込めて贈られた。
その後、奥様は独りで映像を再生してご覧になっていたと…。

数日後には、第2班が招かれ、逆に子供たちからT氏へ「素敵なお家をありがとう」とメッセージVTRが流れた。
何とも幸せなファミリーだ。

他にもこんなエピソードがある。
宅地開発グループは、T氏への新築祝にドライヤーをプレゼントしたそうだ。
えっ?新築祝にドライヤー?実はT氏家のドライヤーは二十年もので、奥様が買い替えたくてしょうがなかった。
しかもこのドライヤー、T氏が学生時代に住み込みでスキー場のペンションでアルパイトをしていた時、風呂場で拾った物だとか…。(ドライヤーが落ちていたのかどうかは定かではないが。)

Related posts

◆家族思いなT氏の行動派な一面

あれから数年がたち、「素敵なお家をありがとう」とカワイイメッセージをくれた子どもたちも大きく育ち、1人は高校受験を迎えている。去年の末からは塾にも通い始めた。

ただこれも、T氏の活躍が大きい。勉強がなかなかはかどらず、学校の成績もなかなか上がらない。本人もそろそろ塾に行き始めたほうがいいのか…周りの友だちもほぼ9割方塾に通っている…そんな不安も募っていく。友だちにどこの塾がいいか聞いてきたら?と奥様からも促すものの、なかなか前へ進まない。

ここで登場するのがT氏。行動派である。見るに見かねて、近所の塾という塾を片っ端から資料請求をしまくる。そうして家には大量の塾の資料が送られてくる。ポストに入り切らないことも…。そして、数日後、T氏の電話は鳴り止まない。仕事をしていても、塾からの電話がひっきりなしにかかってくる。たまには出るけど、押しの強い営業をあまり好まないT氏は、「資料みてよかったらこっちから電話するから」を冷たくあしらうのみ。

しかし家ではその資料を開けようとは一切しない。仕方なく、奥様がすべてを開封し、目を通す。良さそうなところを子どもと相談する。そうやって、奥様と子供がようやく動きだしたようだ。数日後には、奥様と子どもで塾の説明会に行き、気に入った塾を見つけたそう。そして未だに、T氏の携帯には塾からの勧誘電話がなり続けているらしい。

余談だが、受験生の子供ためにそれまで衣装部屋になっていたT氏の部屋を明け渡したそうである。男らしく、言葉はなくても、その行動が家族思いであることが伝わってくる。素敵な家がこれまでは一緒に住まう家から、個人個人を尊重する家へと変遷していくのであった。

◆自由人T氏のありえない決断

その時、社内に衢撃が走った!「そんなバカな!何かの間違いだ!」。誰もが耳を疑った。あろうことか、宅地開発グループの責任者であるT氏が、取締役のT氏が、土地を買って家を建てる部署を起ち上げた人が、某大手ハウスメーカーの分譲地を買って...

◆仕事人T氏の無謀な挑戦 その2

しかし、あろうことか期日に建築確認がおりない、というアクシデントが発生。建築確認がおりないということは、広告活動ができないということ。販売スケジュールが狂ってしまう。折込チラシを配布するために、絶対に死守しなくてはならないデッドライン。

◆仕事人T氏の無謀な挑戦

「これは売れへんやろ~」「あんなタコ足みたいな土地、どうすんねん?」 関西のとあるエリアで土地を仕入れることになったときの周囲の反応だ。今回もまた、同業他社や関係業者からは完全に「非常識な奴ら」という目で見られていた。

Latest posts

◆家族思いなT氏の行動派な一面

あれから数年がたち、「素敵なお家をありがとう」とカワイイメッセージをくれた子どもたちも大きく育ち、1人は高校受験を迎えている。去年の末からは塾にも通い始めた。

ただこれも、T氏の活躍が大きい。勉強がなかなかはかどらず、学校の成績もなかなか上がらない。本人もそろそろ塾に行き始めたほうがいいのか…周りの友だちもほぼ9割方塾に通っている…そんな不安も募っていく。友だちにどこの塾がいいか聞いてきたら?と奥様からも促すものの、なかなか前へ進まない。

ここで登場するのがT氏。行動派である。見るに見かねて、近所の塾という塾を片っ端から資料請求をしまくる。そうして家には大量の塾の資料が送られてくる。ポストに入り切らないことも…。そして、数日後、T氏の電話は鳴り止まない。仕事をしていても、塾からの電話がひっきりなしにかかってくる。たまには出るけど、押しの強い営業をあまり好まないT氏は、「資料みてよかったらこっちから電話するから」を冷たくあしらうのみ。

しかし家ではその資料を開けようとは一切しない。仕方なく、奥様がすべてを開封し、目を通す。良さそうなところを子どもと相談する。そうやって、奥様と子供がようやく動きだしたようだ。数日後には、奥様と子どもで塾の説明会に行き、気に入った塾を見つけたそう。そして未だに、T氏の携帯には塾からの勧誘電話がなり続けているらしい。

余談だが、受験生の子供ためにそれまで衣装部屋になっていたT氏の部屋を明け渡したそうである。男らしく、言葉はなくても、その行動が家族思いであることが伝わってくる。素敵な家がこれまでは一緒に住まう家から、個人個人を尊重する家へと変遷していくのであった。

◆自由人T氏のありえない決断

その時、社内に衢撃が走った!「そんなバカな!何かの間違いだ!」。誰もが耳を疑った。あろうことか、宅地開発グループの責任者であるT氏が、取締役のT氏が、土地を買って家を建てる部署を起ち上げた人が、某大手ハウスメーカーの分譲地を買って...

◆仕事人T氏の無謀な挑戦 その2

しかし、あろうことか期日に建築確認がおりない、というアクシデントが発生。建築確認がおりないということは、広告活動ができないということ。販売スケジュールが狂ってしまう。折込チラシを配布するために、絶対に死守しなくてはならないデッドライン。

◆仕事人T氏の無謀な挑戦

「これは売れへんやろ~」「あんなタコ足みたいな土地、どうすんねん?」 関西のとあるエリアで土地を仕入れることになったときの周囲の反応だ。今回もまた、同業他社や関係業者からは完全に「非常識な奴ら」という目で見られていた。